ドレスの種類

シンプルドレス

ドレスには、丈の短いミニや、くるぶしに達するほど長いロングなどさまざまな種類があります。また、素材やデザインにもたくさんの種類が見受けられますので、それぞれのスタイルや好み、TPOによって着用することが大切です。

特に配慮すべきなのは、最も格が高いと認識されている結婚式です。花嫁の衣装であるウェディングドレスは、色が純白と決まっていますから、ゲストが同じ色の服装をすることはマナー違反とされています。

ドレスの楽しみ方
ドレスの楽しみ方は、好きなデザインのものを選び、着用し、その姿を人々に披露することにあります。

現代、普段着としてこの服を楽しむ機会はなかなかありません。しかし、現代には結婚式という特別な晴れ舞台があり、新婦はその服装にドレスをチョイスすることができます。それを最大限に楽しむためには、自分の目で確認し、試着し、最も気に入ったものを購入あるいはレンタルして当日に皆にお披露目をすることが欠かせないのです。

結婚式の服装、ドレスの概要

白いドレス

結婚式では、女性は「普段着のワンピース」ではなく「パーティードレス」という服装を着ます。和式では着物を着る女性もいます。

発表会に着るようもの、品のない「お水系」は避けましょう。

身に付けるアクセサリーはパール、バックは小ぶりのパーティーもの、靴はパンプスが基本で、タブーなものを紹介すると、全身白っぽいものや黒っぽいもの、肩だしスタイルで、ミニ丈ものや太もも丸出しもです。

ヘアースタイルや身だしなみのマナーにはきちんと気を付けて、めでたい新郎新婦の門出に臨みたいものです。

結婚式の服装の楽しみ方
服装をもっとも楽しむことができるのが、結婚式の服装です。特に女性の場合は、普段の生活では着る機会の少ない華やかなドレスを身にまとえる数少ない日のひとつです。

色は、基本的に花嫁衣装と重なる白以外なら特に決まりはありませんので鮮やかな色を希望することもできますし、シックにまとめたいときは小物や素材に気をつかえば黒をあえて選ぶこともできます。

最近では、パーティー向けの服を専門に扱った店舗やレンタルのサービスを行っている業者もあります。

結婚式の服装とは

オレンジドレス

結婚式に出席する際にどのような服装をすべきかは知らなければならないことであり、純白のドレスは花嫁の衣装と似ているのでNGとされています。他にも、あまり派手な色の物や露出度が高すぎるもの、下品であるデザインのものは望ましくないとされています。

ではどのような服装で出席したらいいのかというと、上品でそれほどまでに目立たない膝丈ほどのものにささやかなアクセサリーをつけるのが良いです。子供の場合は綺麗めなよそ行きの服でも可能です。

結婚式の服装選びの注意点
結婚式の服装を選ぶ際には、マナー違反にならないように気を付けなければならないことあります。

花嫁と同じ白を着ることがマナー違反になることはよく知られていることですが、クリーム色、薄いピンクなどの白に近い色のドレスを選ぶことも避けた方がよいでしょう。これらの色は写真に写ると真っ白に見えることもあるため注意が必要な色です。また、露出の多い短い丈のものや肩が出ている服装は、さまざまな年齢層の方が出席する場ではふさわしくないため、お店で進められても購入せずに他の色を選ぶ方が良いです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031